仮想マシンのリソース監視(CPU使用率、メモリ使用率、ディスク使用率)を行うにはどうしたらいいですか?

こんにちはDXソリューション統括部の村松です。
今回は仮想マシンのリソース監視(CPU使用率、メモリ使用率、ディスク使用率)についてお話させていただきます。

 

ある案件でAzure上に仮想マシンを構築したのですが、その中で運用設計として仮想マシンのリソース監視を行うことになりました。

そこでAzure Monitorでターゲットリソースに対象の仮想マシンを選択したのですが以下の図の通り、

仮想マシンのリソース監視に必要なメトリック(*1)を選択することができませんでした。

 

(*1)CPU使用率、メモリ使用率、ディスク使用率を表すメトリックデータ

 

 

どうやらAzure Monitorはリソース監視に必要なメトリックを収集しないようでした。

じゃあそのメトリックを収集するにはどうすればいいのか?と調べたところLog Analyticsが必要とのことでした。

 

Track basic metrics such as CPU, Disk and Memory Usage within Operations Management Suite

 

そのため仮想マシンのリソース監視を行うには仮想マシンにLogAnalyticsのエージェントをインストールして、

OMSワークスペース(*2)に転送するように設定し、Azure Monitorからは仮想マシンを監視するのではなく、

そのメトリックを収集しているOMSワークスペース(*2)を監視するよう構成する必要があるそうです。

 

(*2)OMSワークスペースとはLogAnalyticsでデータの収集や検索を行うために事前に用意しておくAzureリソースのことです。
(*2)実際の収集したデータはOMSワークスペースに格納されます。

 

構成としては以下の図のようになるかと思います。

 

実際にAzure MonitorからLog Analyticsを監視すると以下の図のように仮想マシンのリソース監視に必要なメトリックが収集できることが確認できます。

(以下の図ではメモリ使用率を監視しています。)

これで仮想マシンのリソース監視ができるかと思います。

 

仮想マシンのリソース監視に必要な設定については以下をご覧ください。

Azure Monitor を使用してハイブリッド環境の Linux コンピューターからデータを収集する

Azure Monitor を使用してハイブリッド環境の Windows コンピューターからデータを収集する

 

アラート設定については以下をご覧ください。

Azure Monitorを使用してログアラートを作成、表示、および管理する

 

以上 今回はここまでになります。またお会いしましょう!

 

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください