Microsoft Teamsの「複数インスタンス」を開く方法について

過去の動画の話となりますが、マイクロソフトより 2020 年 4 月に以下の動画が公開されました。

通常、Teams は1つの端末に1つしかインストールすることが出来ません
Windows 10 にインストールした Microsoft Teams のアプリケーションは一つのインスタンスで、同じアプリをクリックしても複数の Teams が開くわけでもなく同じ Teams アプリケーションが開くのが通常の動作です。

自社内だけではなくお客様など他のテナントのユーザーとのコラボレーションを行うとテナントをまたがった利用や複数のアカウントを利用することもあると思います。
この動画で触れられている方法ではそれらの状況でもそれぞれのテナントやアカウントごとにインストールしてそれぞれを起動することができるようになるというものです。

仕組み

実際には複数の Teams アプリケーションをインストールしているのではなく、Edge などいくつかのブラウザにはブックマークするように開いているサイトを Windows アプリケーションのようにインストールする機能があります。

Edge で右上の…をクリックすると以下のようなメニューが展開され、「アプリ」をさらにクリックすると「サイトをアプリとしてインストール」するというメニューがあります。

これをクリックすると Windows のメニューに追加されるという仕組みです。

注意事項

この仕組では Edge のプロファイルごとにセッションが共通に保持しているため、異なるテナントやアカウントでインストールしたい場合はそれごとにプロファイルを分ける必要があります。

Teams を利用する機会が増える中で少しでも便利に使用いただけると幸いです。

いいね (この記事が参考になった人の数:4)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください