Windows Virtual Desktop 最新ニュース(2021年1月29日)Microsoft Defender for Endpoint が Windows Virtual Desktop マルチセッションに正式対応

ようやく正式リリース(GA)されました。

Windows Virtual Desktop support is now generally available
https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-defender-for-endpoint/windows-virtual-desktop-support-is-now-generally-available/ba-p/2103712

Windows Virtual Desktop を利用する中で、ウイルス対策・マルウェア対策は欠かせないセキュリティ対策の一つです。
Windows 標準の Microsoft Defender ウイルス対策(いわゆる Windows Defender)を使う方もいれば、既存で利用中のサードパーティ製のマルウェア対策ソフトを利用する方、EDR である Microsoft Defender for Endpoint(旧称: Microsoft Defender ATP)を利用している方もいるかと思います。

Microsoft Defender for Endpoint は以前よりシングルセッション向けには GA されておりサポート対象で、マルチセッションはパブリックプレビューで 1 セッションホストあたり 25 ユーザーという制約の中での利用が可能となっていました。

今回の GA により、1 セッションホストあたり 50 ユーザーまで対応しており、Microsoft Defender for Endpoint の管理画面である Microsoft Defender Security Center の方も若干のアップデートが行われたようです。

より安心して Windows Virtual Desktop を利用することができることでしょう。

いいね (この記事が参考になった人の数:4)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください