SendGrid から認証方法の変更に関するメールを受信しました。何をすれば良いですか?

SendGrid より以下のようなメールを受信した方への情報となります。

本来は明日にあたる2021年1月26日までにメール送信時の認証方法を変更するなどの対応が必要でした。

こちらの期限が再設定され、新たな期限として2021年2月17日までに対応するように変更されました。※プランによって期限は異なるようです。

対応内容としては2つあります。

  • SMTP 認証でユーザー名/パスワードでメールを送信している場合、API による認証とする
  • 管理画面での多要素認証の設定

メール送信時の認証方法の変更

1つ目のメール送信時の API による認証について、管理画面上の Integration Guide をクリックすると2つの選択肢の案内があります。

推奨されている Web API の方では、開発言語を選択するとそのコード一式が提供されます。

自社開発ではない場合などはSMTPで送信していると思いますが、その場合は SMTP Relay を選択することになります。

こちらでは今までそれぞれのユーザー名とパスワードで認証しているのをユーザー名を apikey パスワードをそれぞれが発行した API キーで設定することで今まで通りに送信が可能です。

多要素認証

設定の一番下にあるメニューで多要素認証が設定可能です。

この設定をしても直ちに多要素認証が必要となるわけではありませんが、おそらく2月17日以降に必要とすることになるのかもしれません。

Azure から SendGrid を作成した場合、Azure ポータルから SSO で別途認証無く SendGrid の管理画面を表示可能だと思いますが、追加で多要素認証が求められるのかと思います。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください