ADユーザーのグループ移動

はじめに

ADユーザーのグループごとに対象のシステムや権限を管理しているときに、一時的な対処などでユーザーの所属しているグループを移動させたいといった場合があるかと思います。数ユーザーの移動ならともかく企業や組織が管理しているユーザー数が数十以上となってくると、手作業でユーザーを管理することは大変ですし、ミスの温床となると思います。そこで本ブログではADユーザーのグループを簡単に移動する方法をご紹介します。

グループ移動の考え方

今回ご紹介する方法はとてもシンプルです。Group1に所属しているユーザーをGroup2に移動する方法を考えます。

今回ご紹介する方法ではユーザーグループを削除して追加するといったアプローチでユーザーのグループ移動を実行します。

 

グループ移動のコマンド

まず、移行するユーザーのリストを作成します。
スクリプトを実行する前に画像のような形でCSVファイルでユーザーのリストを作成してください。今回はtest1~test4というユーザーをまとめてグループ移動させます。

ユーザーリストが作成できたら早速ユーザーのグループ削除を実行します。
まず、削除前のtestユーザーの所属グループは以下です。
現在ユーザーはDomainUsersの他にgroup1に所属しています。

 

削除のスクリプトは以下です。こちらをPowerShellで実行します。
実際にはgroup1を外すようにスクリプトを実行しました。

$CSV = Import-CSV <ユーザーリストのパス> -Encoding default
net group <削除するグループ名> $CSV.UserList /DELETE

スクリプトを実行後のユーザーグループは以下となり、group1は消えています。

続いてグループを追加します。
追加のスクリプトは以下です。
今度はgroup2に追加するようにスクリプトを実行しました。

$CSV = Import-CSV <ユーザーリストのパス> -Encoding default
net group <追加するグループ名> $CSV.UserList /ADD

スクリプトを実行後のユーザーグループは以下となり、group2が追加されています。

 

以上で結果的にユーザーのグループがgroup1からgroup2へと移動されました。

 

追記

今回ご紹介したスクリプトを編集して、削除と追加のスクリプトは以下のように連続で実行することができます。

$deletegroup ="<削除するグループ名>"
$addgroup ="<追加するグループ名>"

$CSV = Import-CSV <ユーザーリストのパス> -Encoding default
net group $deletegroup $CSV.UserList /DELETE
net group $addgroup $CSV.UserList /ADD
いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください