HTTPS負荷分散を行っているが偏りが発生を解消したい

国内東西にFunctionsを配置、処理する際に稀に偏り(片方でレスポンスを返さず縮退運転に見える)が起きるケースがあります。

これは、Azure Front Doorでの適切な負荷分散を行うための正常性プローブの見直しを行うことで改善することが可能です。


既定値は0、つまりレスポンスが早い方から処理しますので、Front Doorデザイナーからバックエンドプールを選択し、[負荷分散]-[待機時間感度(ミリ秒)]を設定してみてください。


リクエスト処理が十分可能な範囲で極力少ない値を設定することを推奨します。(検証の上でサービスレベルに耐用できることを確認ください)

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください