Teamsに置いたファイルを前のバージョンに戻したい

Teams上でExcelファイル等を編集する際に、誤って上書きしてしまったなど、変更前の状態に戻したいといった際に利用する機能となります。

Teams上の各チャネルに配置しているファイルは、Teamsチーム生成時に自動で作成されるSharePointサイトに保管されています。
ファイルのバージョン管理については、SharePointサイトの機能を利用します。

バージョン履歴の確認方法

【手順】

  1. Teams上で対象チーム内のチャネルにアクセスします。
  2. ファイルタブを開き、[…] – [SharePointで開く] をクリックします。
  3. SharePointサイトが開きます。Teamsと同じ状態のファイルが保存されています。
  4. バージョンを確認したいファイル名の右横にあるアクションの表示 […] – [バージョン履歴] をクリックします。
  5. バージョン履歴の一覧が表示されます。すぐに復元したい場合は、対象の更新日付にカーソルを置き[▼マーク] – [復元] をクリックするとファイルを対象のバージョンに戻すことが可能です。
    一度開いてファイルを確認する場合は、更新日付をクリックするとファイルが開きます。ファイルの内容を確認し、このバージョンに置き換えたい場合は、開いたファイル上部にある[復元] ボタンをクリックすることで対象のファイルを最新バージョンに置き換えることが可能です。
    バックアップのバージョンファイルを開く際には自動保存はオフとなっています。


【関連Tips】
・Teamsに置いたファイルの更新日時がずれている場合(タイムゾーンの変更)
 Teamsに置いたファイルの更新日時が日本時間で表示されない

いいね (この記事が参考になった人の数:8)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください