AppService の送信 IP を固定化することはできますか?

AppService においても、リージョン VNET 統合と NAT Gateway を用いることで送信 IP を固定することが可能になりました。

通常の AppService はスケールユニット (スタンプ) 毎に複数の送信 IP が割り当てられており、言い換えると自分の以外のユーザーと送信 IP は共有されています。これを避けるためには AppService Environment (ASE) を使用し、占有環境を作成する必要がありました。

参考URL:
Azure App Service の リージョンとスタンプ、IP アドレスについて
https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/988510ce-86ce-4b2c-8091-56c2cdd33490/azure-app-service-12398?forum=Jpcie

しかし、2020年11月に (ASE ではない) 通常の AppService においても、リージョン VNET 統合と NAT Gateway を用いることで送信 IP を固定することが可能になりました。

設定手順は以下となります。
1.AppService にてリージョン VNET 統合を構成します。
2.すべてのアウトバウンドトラフィックを仮想ネットワークにルーティングするため、アプリの構成にて WEBSITE_VNET_ROUTE_ALL を適用します。
3.NAT Gateway をプロビジョニングし、VNET 統合した仮想ネットワーク・サブネットに設定します。

NAT Gateway と紐付くパブリック IP が送信 IP となり、NAT Gateway を使用することでインスタンスあたり128個の SNAT ポートが IP あたり 64,000個に拡張されることも利点になります。

参考URL:
アプリを Azure 仮想ネットワークと統合する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/web-sites-integrate-with-vnet#regional-vnet-integration
NAT Gateway and app integration
https://azure.github.io/AppService/2020/11/15/web-app-nat-gateway.html
Azure App Service での断続的な送信接続エラーのトラブルシューティング
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/troubleshoot-intermittent-outbound-connection-errors
NAT ゲートウェイ リソースを使用した仮想ネットワークの設計
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-network/nat-gateway-resource#scaling

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください