特定のドメインのメールが迷惑フォルダに格納されてしまう

Exchange Online の既定の動作として、スパムメールとして検知したメールを迷惑メールフォルダへ移動する場合があります。

特定ドメインのメールアドレスが誤検知されてしまう場合、下記の手順でスパム判定を回避することが可能です。

【特定のドメイン、またはメールアドレスのスパム判定を回避する設定手順】
1. 管理者アカウントにて、Exchange 管理センター (https://outlook.office365.com/ecp/) にサインインします
2. 画面左側のメニューから [メールフロー]をクリックします。
3. 表示された画面上部のメニューから [ルール] をクリックします。
4. [+] をクリックし、プルダウンメニューから [スパム対策フィルターをバイパスする] をクリックします。
5. ルール新規作成画面にて [名前] に任意のルール名を入力します。
6. [このルールを適用する条件] プルダウン メニューより [送信者] > [ドメインが次の値である] > ドメインを入力し、[+] > [OK] とクリックします。
※ メールアドレス単位での指定の場合、[送信者] > [この人物である…] > [名前の確認] の右側の空欄にアドレスを入力 > [名前の確認] をクリックし、[OK] とクリックします。
7. [保存] をクリックし、トランスポートルールが作成されていること、[オン] のチェックボックスにチェックが入っていることを確認します。

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。