Basic SKU の Load Balancer から Standard SKU の Load Balancer へ切り替えると、NIC のステータスが失敗となる。

掲題の状況については、ロード バランサーとパブリック IP アドレス リソースの SKU がミスマッチとなっており、バックエンド プールへの割り当てに失敗している状況が考えられます。
リソースの状態が失敗となった場合、対象のリソースを更新することで事象が改善する可能性があるため、以下の手順でパブリック IP アドレスおよびネットワーク インターフェース リソースを同一設定で更新することをお試しください。

<手順>
1.PowerShell を起動します。

2. サインインします。
Login-AzureRmAccount

3. 念のため、作業対象のサブスクリプション ID を指定します。
Select-AzureRmSubscription -SubscriptionId <サブスクリプション ID>

4. 以下手順でパブリック IP アドレス リソースを更新します。

4-1. 以下コマンドを実行して、現在の IP アドレス リソースの設定を取得します。
[構文]
$publicIp = Get-AzureRmPublicIpAddress -Name <パブリック IP アドレス リソース名> -ResourceGroupName <リソース グループ名>

[実行例]
$publicIp = Get-AzureRmPublicIpAddress -Name dacl-sal-cmnlb-pubip01 -ResourceGroupName dacl-sal-rg

4-2. 以下コマンドを実行して同一の設定でリソースに更新を行います。
Set-AzureRmPublicIpAddress -PublicIpAddress $publicIp

5. 一度 Azure Portal を更新してネットワーク インターフェースの状態が失敗から改善しているか確認します。

6.改善していない場合は以下手順でネットワーク インターフェース リソースを更新します。

6-1. 以下コマンドを実行して、現在のネットワーク インターフェースの設定を取得します。
[構文]
$networkif = Get-AzureRmNetworkInterface -Name <ネットワーク インターフェース名> -ResourceGroupName <リソース グループ名>

[実行例]
$networkif = Get-AzureRmNetworkInterface -Name dacl-sal-cmnlb-pubnic01 -ResourceGroupName dacl-sal-rg

6-2. 以下コマンドを実行して同一の設定でリソースに更新を行います。
[構文]
Set-AzureRmNetworkInterface -NetworkInterface $networkif

7. Azure Portal を更新してネットワーク インターフェースの状態が失敗から改善しているか確認します。

上記にて改善が見られる場合、その他のネットワーク インターフェースに対しても同様の手順を実施してください。

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。