MACアドレスが変更となるタイミングについて

MAC アドレスは以下のタイミングで変更されます。

・NIC を再作成した場合
・NIC を差し替えた場合
・NIC のプライベート IP アドレスを、動的から静的に変更した場合
・NIC の静的プライベート IP アドレスを変更した場合

Azure では仮想化されたネットワーク上で正しくルーティングを行えるようにするため、必ず DHCP によりプライベート IP アドレスを割り当てる仕組みになっています。
(Azure 基盤が払い出した IP アドレスと、OS 内で設定された IP アドレスの差異を防ぐため)

まず、仮想マシンが Azure 基盤の DHCP サーバーから IP アドレスを取得する際には、DHCP サーバーからはリース期間が無制限でプライベート IP アドレスを払い出されます。
そのうえで、プライベート IP アドレスを Azure ポータル等から変更された際には、DHCP サーバーから新しい IP アドレスを払い出すことが必要となりますが、前述の通り無期限リースで一度 IP アドレスを払い出してしまっているため、NIC 側の MAC アドレス自体を変更することで、新たにプライベート IP アドレスを払い出せるようにしています。

そのため、NIC を再作成や差し替えたた場合に加えて、NICのプライベート IP アドレスを変更した場合や、NIC のプライベート IP アドレスを静的に変更した場合に、NIC のMAC アドレス変更が発生いたします。

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。