データ移行ツールDataMigrationAssistant(DMA)で気になるポイントを解説

 

1.DMAがサポートするオンプレミス側のデータベースバージョンは?

ソースサーバーは SQL Server 2005 ~ SQL Server 2019、ターゲットサーバーは SQL Server 2012 ~ SQL Server 2019 までをサポートしています。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=53595

**********
Supported source and target versions

・Source: SQL Server 2005, SQL Server 2008, SQL Server 2008 R2, SQL Server 2012, SQL Server 2014, SQL Server 2016, SQL Server 2017, SQL Server 2019 and, RDS SQL Server

・Target: SQL Server 2012, SQL Server 2014, SQL Server 2016, SQL Server 2017, SQL Server 2019, Azure SQL Database, Azure SQL Database Managed Instance
**********

 

2.DMAは差分移行は可能ですか?
DMA によるデータ移行は完全バックアップのリストアにより行われているので、差分移行は行えません。
移行した後は、移行先で運用、となります。一時的に移行して移行先を評価するためのツールとしては良いですが
移行元と並行運用が発生するシステムであれば別のツール利用を検討いただいた方がよいです。

 

3.DMA実行中は移行元、移行先のデータベースは停止する必要があるのでしょうか?
どちらも停止する必要はありません。ただし、ソースサーバーで実行中でコミットされていないトランザクションは移行先に反映されません。
この点が許容できない場合はアプリケーションからの接続を遮断してから実施する必要があります。

 

4.移行元のデータベースの変更(例:カラム名)した場合、再実行すれば移行先にも反映されるのか?
同名のデータベースがターゲットサーバーに既に存在している場合は移行が行えないので、事前にターゲットサーバー側でのデータベースの削除が必要です。
そのためデータベースの削除後に移行を再実行することになるが、再実行後のターゲットサーバーにはカラム名変更後のデータが移行されます。

 

5.以上のことから本ツール利用がマッチするシステムは?
・並行稼働が不要なシステム
・一時停止可能で停止、データ移行後、URL切り替えによってアクセス先を変更可能なシステム

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください