Outlook on the Web やMicrosoft365の言語・タイムゾーンをPowerShellにて変更する方法について

Outlook on the Web やMicrosoft365へユーザーが最初にログインする際、初期設定として言語・タイムゾーンを行いますが、最初に違った設定を行ってしまうとあとからユーザー側で再設定が必要となります。


ユーザー側で再設定が難しいようであれば管理者側で再設定をする必要がありますが、再設定を PowerShell で行うことが可能です。
PowerShellにて設定を行うには下記をご確認ください。

 

1.Windows PowerShellを右クリックし、「管理者として実行」します。

 

2.下記を確認してExchange Online へ接続します。

Exchange Online PowerShell に接続する

 

3.下記コマンドを実施して、現在、設定されている言語・タイムゾーンを確認します。

 

Get-MailboxRegionalConfiguration -Identity <メールボックスのエイリアス>

※<MailboxIdParameter>は、「Get-Mailbox」コマンドでAliasの部分を確認して指定します。

 

3.下記コマンドを実施して、現在、設定されている言語・タイムゾーン・フォルダー名を規定の言語へ変更します。

 

Set-MailboxRegionalConfiguration -Identity <メールボックスのエイリアス> -Language <CultureInfo> -TimeZone <ExTimeZoneValue> -LocalizeDefaultFolderName:$True

 

例)
Set-MailboxRegionalConfiguration -Identity <メールボックスのエイリアス> -Language “ja-jp” -TimeZone “Tokyo Standard Time” -LocalizeDefaultFolderName:$True

 

なお、下記にてテナント内にあるメールボックスの設定を変更することが可能です。

 

Get-MailBox | Set-MailboxRegionalConfiguration -Language <CultureInfo> -TimeZone <ExTimeZoneValue> -LocalizeDefaultFolderName:$True

 

詳細は下記をご確認下さい。

 

Set-mailboxregionalconfiguration

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください