WVD既知の不具合:Azure Portalからホストプールのドライブリダイレクト設定が正常に反映されない

パーソルプロセス&テクノロジーの佐藤です。

先日、Azure Portal上のホストプールRDPプロパティ設定画面がGUIのものに変更されました。

しかしこれに伴い、2020年10月13日現在、ドライブリダイレクトの設定が正常に反映されないという不具合が確認されています。

下図のように、ドライブリダイレクトの設定はデフォルトで「Don’t redirect any drives」になっています。

しかし当該ホストプールに所属するセッションホストにサインインすると、リダイレクトが拒否されるはずのクライアントPCのドライブが表示されてしまっています。

Azure PortalのホストプールRDPプロパティ設定画面の[Advanced]タブで今まで通りコマンドラインでRDPプロパティを設定できますが、ここにドライブリダイレクトを禁止する設定を加えても上記と同様、正常に反映されません。

この問題を回避するには、Powershellを使用してホストプールの設定を編集します。

公式ドキュメントを参考に、以下のコマンドレットを使用してRDPプロパティを編集することで設定が正常に反映されます。

$properties="<property1>;<property2>;<property3>"

Update-AzWvdHostPool -ResourceGroupName <resourcegroupname> -Name <hostpoolname> -CustomRdpProperty $properties

Microsoft Docs: Powershellを使用したRDPプロパティのカスタマイズ
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-desktop/customize-rdp-properties#add-or-edit-multiple-custom-rdp-properties

また、グループポリシーによるリダイレクト設定でもドライブリダイレクトは無効化することができます。

本事象について、現在Microsoft の開発部門にて調査・修正対応が進められていますが、明確な解消時期は未定となっております。

事象解消の際は本ブログ上でもお知らせいたしますので、それまでは上記方法にて対応することをお勧めします。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください