Exchange Online外にあるドメインから会議室のカレンダーの閲覧/予定作成を行う

はじめに

こんにちは。
パーソルプロセス&テクノロジーの永井です。
今回はExchange Online(Microsoft365)以外にあるドメインのメールアドレスを使用するユーザーを招待して、
会議室のカレンダー閲覧、予定の新規作成・返信を行う方法を紹介します。

概要

Microsoft365ドメイン以外のメールアドレスを使用するユーザーと会議室のカレンダーを共有する場合、
方法としては<インターネット公開予定表>が近いものになります。
[インターネット予定表の発行の概要]
https://support.office.com/ja-jp/article/-a25e68d6-695a-41c6-a701-103d44ba151d


外部システムとインターネット公開予定表を共有する場合は Exchange 管理センターで、
[組織]>[個別共有]>[既定の共有ポリシー] がオンになっていることが必要です。

しかし、インターネット公開予定表のアクセス許可レベルにおいては、
通常の予定表のアクセス権限と異なり、共有されたカレンダーの詳細情報の閲覧までが可能な動作になります。
共有されたカレンダーから予定アイテム作成や編集は出来かねる動作になります。
そのため、テナント内の会議室に予定アイテムを新規作成したい場合は、下記の手順で実現可能です。


①テナント内の該当会議室に対して、外部システムからの予約を許可する設定をします。
②外部システムを使用するユーザーから場所をテナント内の該当会議室にして、会議出席依頼メールを送信します。
※ 外部システムの会議出席依頼メールのフォーマットが、Microsoft 365 の Exchange Online で使用できない可能性もありますのであらかじめご了承ください。
 なお、Microsoft 365のExchange Onlineで使用できる外部システムのフォーマットについては公開情報はなく、実際外部システムからの会議出席依頼メールを受信してから確認を行っていただく必要があります。
③外部システムから受信した会議室出席依頼メールをのフォーマットが使用可能でしたら、会議室のカレンダーに予定アイテムが作成されます。

 

WindowsPowerShellにてインターネット公開予定表の共有 URL を発行する方法

※なお、共有URLでは閲覧を行う外部ユーザーのアクセス制限を行う機能はないので、発行されたURLの取り扱いには注意してください。

共有 URL の発行手順
Office 365 サービスへ接続した Windows PowerShell にて以下のコマンドレットを実行します。
<参考サイト>
[Exchange Online PowerShellへの接続]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/exchange/exchange-online/connect-to-exchange-online-powershell/connect-to-exchange-online-powershell?view=exchange-ps


①共有 URL の有効化
<基本構文>
Set-MailboxCalendarFolder <共有する予定表のメールアドレス>:\予定表 -PublishEnabled $True -DetailLevel <公開する予定表の詳細レベル>
※ DetailLevel : 公開する予定表の詳細レベルを指定します。
 AvailabilityOnly : 空き時間情報のみ (時間だけの予定表の空き時間情報)
 LimitedDetails : 詳細情報の一部 (時間、件名、場所を含む予定表の空き時間情報)
 FullDetails : 詳細情報 (時間、件名、場所、役職などの予定表のすべての予定情報)
※DetailLevelには、メールボックスに割り当てられている共有ポリシーの共有ルールにある “Anonymous” に指定されている詳細レベルを超えた指定はできません。
<コマンドレットの実行例>
Set-MailboxCalendarFolder Room01@contoso.com:\Calendar -PublishEnabled $True -DetailLevel FullDetails

 

②共有 URL の確認
<基本構文>
Get-MailboxCalendarFolder <共有する予定表のメールアドレス>:\Calendar | fl

<コマンドレットの実行例
Get-MailboxCalendarFolder Room01@contoso.com:\Calendar | fl

<実行結果の例 (一部抜粋)>
RunspaceId : 2xxxxxx4-5xxf-4xx5-axxc-4xxxxxxxxxx0
Identity : Room01:\Calendar
PublishEnabled : True
PublishDateRangeFrom : ThreeMonths
PublishDateRangeTo : ThreeMonths
DetailLevel : FullDetails
SearchableUrlEnabled : False
PublishedCalendarUrl : http://outlook.office365.com/owa/calendar/exxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxc@contoso.com/
3xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx2/calendar.html
PublishedICalUrl : http://outlook.office365.com/owa/calendar/exxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxc@contoso.com/
3xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx2/calendar.ics
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※[PublishedCalendarUrl] はカレンダーの表示用 URL (.html)、[PublishedICalUrl] は予定表の購読用URL(.ics) になります。
※上記の実行結果の例のように、URLが途中で改行されている場合がありますので、注意してください。

 

会議室の外部システムからの予約を許可する設定方法

予定表の直接編集などはできませんが、Windows PowerShellでProcessExternalMeetingMessagesを設定することで、外部システムからメールによる会議出席依頼の送信が可能となります。

①設定値の確認するコマンドレット
<構文>
Get-CalendarProcessing -Identity 設定を施したい会議室のメールアドレス | select Identity,ProcessExternalMeetingMessages

<実行例>
Get-CalendarProcessing -Identity room@contoso.com | select Identity,ProcessExternalMeetingMessages

<実行結果例>
Identity ProcessExternalMeetingMessages
——– ——————————
room False

②外部からの予約を許可するコマンド
<構文>
Set-CalendarProcessing -Identity 設定を施したい会議室のメールアドレス -ProcessExternalMeetingMessages $True

<実行例>
Set-CalendarProcessing -Identity room@contoso.com -ProcessExternalMeetingMessages $True
※外部からの会議出席依頼メールによる予約が可能となることで、会議室メールボックスのメールアドレスを知るユーザーであれば、
 想定外のユーザーに関しても、会議出席依頼メールによる会議予約が可能となる動作となります。

 

上記の設定が完了したら、外部システムのユーザーからの会議出席依頼メールを送信して、Exchange Onlineで使用可能かをご確認ください。

 

参考情報

[Set-CalendarProcessing]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/mailboxes/Set-CalendarProcessing?view=exchange-ps
上記公開情報の Example7にProcessExternalMeetingMessagesをFalseとするコマンドレットの例が記載されておりますので、あわせてご確認ください。

[Get-CalendarProcessing]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/module/exchange/mailboxes/Get-CalendarProcessing?view=exchange-ps

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください