パフォーマンスモニタのログを時間で分けたいです

パフォーマンスモニタのログはlogman.exeにて任意のデータコレクタセットを起動させることで取得することができます。そのため、タスクスケジューラではlogman.exeの起動および停止を行うように設定します。また、デフォルト設定ではデータコレクタセット起動後に起動時間でフォルダが作成されますが、念のためパフォーマンスモニタを開き、任意のデータコレクタセットのプロパティから時刻の正規表現があることを確認してください。時刻の正規表現にてファイル分けがされている場合、起動しているタスクスケジューラを停止することで更新が止まり、再起動することで新たなファイルを作成してそのファイルに上書きをしていきます。このことを利用して、任意の時間(図2では9:00から翌8:59まで収集)でタスクスケジューラの停止と起動を設定することで時間ごとにファイルを分けることができます。

図1.データコレクタセットのプロパティ

図2.タスクスケジューラの設定例
いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください