独自ドメイン追加時に他テナントのドメイン登録済み確認は出来ますか?

 Microsoft 365/Azure AD に独自ドメインを追加する際、以前はドメインを追加した際に他のテナントに登録済みでないかがチェックされ、ユーザーにも表示されていました。

独自ドメインの登録時に “ドメインが別の Office 365 テナントに追加されているため~” と表示される

 現在この動作が変更され、ドメイン追加後に行う TXT レコード等の登録による所有権確認時に、他のテナントに登録済みかがチェックされます。

 変更後の動作における注意点として、ドメイン追加時のチェックが無くなっているため、他のテナントやセルフサービスサインアップテナントに登録されていないと思っていて作業していたら所有権を放棄する作業が必要になった、という点があります。

 また、事前に他テナントへの登録有無を確認できないため、これを確認するため所有権確認まで行うことも考えられますが、所有権確認が正常に終了するとすぐに Exchange Online 管理センターで承認済みドメインとなります。このとき、ドメインを追加したテナント内でそのドメインのメールアドレス宛てにメール送信を行うとそのテナント内で処理されてしまいます。この場合、もし Office 365 の外部にそのドメインのメールボックスが存在していると、そのテナントから送付したメールが外部のメールボックスに届かなくなるなど、業務影響が発生します。
 ※承認済みドメインを「内部の中継」にすれば、テナント内に同一メールアドレスがなければ外部のメールアドレスへ配信されます。

 現状、登録しようとしているドメインが他のテナントに登録済みかどうかをユーザー側で確認する方法は残念ながらありません。先にチェックしたい場合はマイクロソフト社のサポートに確認を依頼してください。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください