【2020年8月現在】Microsoft 365 のライセンスまとめ

Microsoft 365 は製品の多様化とともにラインナップが複雑化しています。
ここでは基本的なスイート製品およびアドオンについて説明します。

製品群製品F1F3E3E5 SecurityE5 ComplianceE5
Windows 10Windows 10 Enterprise   
 Microsoft Defender Advanced Threat Protection    
Enterprise Mobility + SecurityAzure Active Directory Premium Plan 1  
 Azure Active Directory Premium Plan 2    
 Azure Advance Threat Protection    
 Azure Information Protection Plan 1  
 Azure Information Protection Plan 2    
 Azure Rights Management  
 Cloud App Security Discovery  
 Microsoft Azure Multi-Factor Authentication  
 Microsoft Intune  
Microsoft 365 AppsMicrosoft 365 Apps for enterprise    
Office 365Office for the webRead  
 Office Mobile Apps for Office 365Read  
 Exchange Online Plan 2    
 Exchange Online Kiosk     
 Office 365 Advanced eDiscovery    
 Office 365 Advanced Compliance     
 Office 365 Data Loss Prevention (email & files)    
 Communication Data Loss Prevention (Teams)    
 SharePoint Online Plan 2    
 SharePoint Online Kiosk    
 Microsoft Teams  
 Skype for Business Online Plan 1   
 Skype for Business Online Plan 2    
 Audio Conferencing     
 Phone System     
 Mobile Device Management for Office 365   
 Office 365 Advanced Threat Protection Plan 1    
 Office 365 Advanced Threat Protection Plan 2    
 Microsoft Cloud App Security   
 Office 365 Privileged Access Management    
 Microsoft Forms   
 Microsoft Kaizala Pro   
 Microsoft MyAnalytics   
 Microsoft Planner    
 Microsoft StaffHub   
 Microsoft Stream for Office 365 for Firstline  
 Microsoft Stream for Office 365 for E3    
 Microsoft Stream for Office 365 for E5     
 Power BI Pro     
 Power Apps for Office 365   
 Power Automate for Office 365   
 Sway   
 To-Do   
 Yammer Enterprise  
この表は以下の URL を参考に作成しています。
https://www.microsoft.com/en-us/licensing/product-licensing/microsoft-365-enterprise

Microsoft 365 には主に F1、F3、E3、E5があります。
現在の F3 は以前 F1 と呼ばれていました。名前を F3 に昇格させた上で、さらに簡易的な F1 を用意したと言えます。

主な利用者向けには E3 があり、さらに上位の E5 があります。E5 は最上位のため、当然ながらすべての機能を持っており E3 と比べても高額となります。
E3 に対して E5 相当のセキュリティ機能を補完するアドオンが E5 Security であり、コンプライアンス機能を補完するのが E5 Compliance となります。

この表示には表現されていませんが、E5 Compliance 自体はさらに E5 eDiscovery and Audit と E5 Information Protection and Governance、E5 Insider Risk Management からなるスイートのアドオンとなっています。

Enterprise におけるライセンスのステップアップ

Office 365 E1 → Office 365 E3 → Microsoft E3 → Microsoft E3 + E5 Security/Compliance → Microsoft E5

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください