Azure Migrateを使用したAWS仮想マシンのAzure移行

はじめに

Azure Migrateはオンプレミスサーバの評価ツールです。

オンプレミスサーバをAzureへ移行するための評価を行うことができます。(Azure Migrate:Server Assessment)


これまでAzure Migrateだけでは移行することが出来ず、移行にはAzure Site Recoveryを用いていましたが、現在はAzure Migrateでも移行が出来るようになっています。(Azure Migrate:Server Migration)

※実際にはAzure Migrate:Server Migrationの中でAzure Site Recoveryの技術が使われています。


特にAWSの仮想マシンを移行する場合はAzure Site Recoveryではなく、Azure Migrate サービスを使用しなければならなくなりました。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/site-recovery/migrate-tutorial-aws-azure


今回はAzure Migrate:Server Migrationを用いて実際にAWSのEC2インスタンスをAzureの仮想マシンとして移行してみました。

 

移行準備

1)移行先のVNetを作成します。

 Azure Portalにて、移行先のリソースグループ、Vnetを作成しておきます。

 

2)Azure VMの要件に準拠しているかどうかの確認

 サポートされているオペレーティングシステムを確認しておきます。

 Azure VM の要件を満たしていることを確認しておきます。

3)Azure Migrateのプロジェクトの作成

4)サーバの評価と移行を選択

5)ツールの追加を選択

6)Azure Migrate:Server Migrationを選択

※今回Azure Migrate:Server Assessmentはスキップしました。

7)マシンの検出で「非仮想化/その他」を選択、「レプリケーションアプライアンスのインストール」を選択

8)レプリケーションアプライアンスのソフトウェアのインストーラと、登録キーがダウンロードできるようになるので、ダウンロードしておきます。※インストーラは2GB程度あるので注意です。

レプリケーションアプライアンスの準備

1)AWS環境に、レプリケーションアプライアンスの要件を満たしたEC2インスタンスを構築しておきます。

2)レプリケーションアプライアンスにログオンし、先ほどダウンロードしておいたインストーラを起動し、設定します。その中で登録キーの指定が求められますので、先ほどダウンロードしたキーを指定します。

※この手順はAzure Site Recoveryによる物理サーバーのAzureへの移行について①とほぼ同様ですので省略します。

3)インストールが終わるとマシンの検出画面でレプリケーションアプライアンスが選択できるようになっています。

 

 

 

 

 

移行元サーバの設定

1)レプリケーションアプライアンスサーバの以下フォルダより、モビリティサービスのインストーラを入手します。

%ProgramData%\ASR\home\svsystems\pushinstallsvc\repository 

2)移行元サーバ(EC2インスタンス)に、モビリティサービスをインストールします。

3)インストールが成功してしばらくすると、Azure Migrationのプロジェクト画面にて「検出済みサーバー」として検出されます。

レプリケート

1)Azure Migrateのプロジェクト画面にて、Azure Migrate: Server Migrationのレプリケートを開きます。

2)VMサイズやディスクなどを指定していきます。

3)問題なければ、レプリケーションの開始をします。

移行

1)レプリケーションが完了したらテスト移行を行います。

2)テスト移行で問題なかった場合は「移行」を行います。

3)移行が完了するとAzure側にVMが作成されているのが確認できます。

まとめ

移行が完了したVMに無事アクセスすることができました。

実際に移行を計画する場合はAzure Migrate:Server Assessmentを用いて評価を行ってからAzure Migrate:Server Migrationで移行を行うと良いと思います。

複数台のサーバの移行を管理できるのでオンプレ環境やAWS環境をAzureに移行する場合には大変便利だと感じました。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください