クラシックからARMへの移行において、「検証」フェーズでエラーが発生しなくなった場合、その後のフェーズでエラーが発生することはありませんか?

パーソルプロセス&テクノロジーの郷原です。
ARMには「検証」→「準備」→「コミット」or「中止」といったフェーズが存在します。
「準備」、「コミット」においてもエラーが発生する可能性がありますのでご注意ください。

「検証」を実行することで対象のクラシックリソースがARMに移行できるかどうかが検証され、条件を満たさない場合にはエラーが発生します。
エラーに対処したのちに再度「検証を」実行し、すべてのエラーが解消されるまでこれを繰り返します。
エラーについては以下を参照してください。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/migration-classic-resource-manager-errors

「検証」においてすべてのエラーが解消した場合、「準備」を実行することができます。
このフェーズではクラシックリソースがARMに移行された状態となるため、動作確認を行うことができます。
また「コミット」を行うまでは「中止」を実行することで切戻しが可能になります。
はじめに記載した通り、「準備」においてもエラーが発生する可能性がありますのでご注意ください。
具体的にどんなエラーが発生するのか列挙することはできませんが、遭遇したエラーとしてはクォーターの不足が該当します。
vCPUの引き上げについては「検証」実行時にエラーとして表示してくれましたが、パブリックIPの不足については「準備」を実行した段階でエラーとして表示されました。
クォーターは サブスクリプション>使用量 + クォータ にて確認可能です。
もし上限に達しそうなリソースがある場合にはあらかじめ上限の引き上げを推奨します。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください