FSLogixを使ったプロファイル格納先のパフォーマンスの違いを検証してみる

概要

WVDのプロファイル管理はFSLogixで実装することが標準的な構成ですが、プロファイルデータの格納先としては以下の候補があります。

・ファイルサーバ(仮想マシン)

・BLOBストレージ

・Azure NetApp Files(ANF)

・Azure Files

候補となる格納先のストレージはプロトコル、可用性、コストに違いがあり、利用するユーザー数や容量、設置環境などを考慮した上で選定します。

Azure Files は、オンプレ AD による権限設定が可能 (Preview) になったため、新たな選択肢となり得ます。今回は候補のストレージパフォーマンスを検証し、候補を比較してみたいと思います。

一般的にクラウド環境はパフォーマンスとコストは比例するので、コストをかければパフォーマンスは向上します。(もちろん、正しい設計・設定をすることが前提です)

それでも、検証は必要ですので、今回のパフォーマンス検証がWVDを導入いただく際の参考になればと思います。

検証環境条件

・想定するユーザー数:100人程度

・東日本リージョンに設置

・ActiveDirectory環境:Azureに配置(Azure AD Domain ServiceでもOK)

・1人あたりのプロファイル容量:10GB

※ユーザー数が限定的な小規模環境(100名以下)を想定しているため、大規模環境を想定するANFは対象外とします。

検証構成

検証内容

 ・WVDクライアントアプリを起動し、サインインできるまでの時間を測定する

 ・プロファイル領域に100MB程度のテキストファイルを配置し、開き終わるまでの時間を測定する

 ・複数サインインによる一時的な負荷(ログインストーム)は今回実施しない(本当は一番必要な検証なんですが。。。)

リソース仕様

WVDセッションホスト

Standard D4s v3 (4 vcpu 数、16 GiB メモリ)/東日本リージョン

ファイルサーバ(IaaS)/SMB

Standard D2s v3 (2 vcpu 数、8 GiB メモリ) +管理ディスク(PremiumSSD)(管理ディスクにプロファイルを保管)/東日本リージョン

BLOBストレージ/Azure Files

Standard/Hot/LRS/StorageV2/東日本リージョン

Azure Files + ドメイン認証はプレビュー中の機能です。以下を参考にしてみてください。

AD連携でAzure Filesを利用する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/files/storage-files-identity-auth-active-directory-enable

Azure AD Domain ServiceでAzure Filesを利用する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/files/storage-files-identity-auth-active-directory-domain-service-enable

FSLogix設定

 ・グループポリシーで以下を設定

  参考:Windows Virtual Desktop における FSLogix の基本的な設定

FSLogixの有効化

ファイルサーバ/Azure FIlesでのGPO設定(profile container)

BlobのGPO設定(Cloud Cache)

検証方法

・サインアウト/サインインにかかる時間を測定する(3回繰り返す)

※ストレージについては、仮想ネットワークでサービスエンドポイントを設定

・実務的な環境に近づけるため、プロファイル領域(例:デスクトップ)に10MBファイル×5、100MBファイル×5、1GBファイル×5を作成する

検証結果

測定結果は以下のとおりです。

候補サインインサインアウト
ファイルサーバ(IaaS)/SMB17.5秒5.5秒
BLOBストレージ22.5秒7.1秒
Azure Files  16.1秒5.2秒

考察

 劇的な差異は無いものの、Azure Filesが比較的良好な結果となりました。本番環境に向けては、Azure Filesはプレビュー版なので現状導入するには推奨はされませんが、検討、設計、導入のリードタイムを考えるとAzure Filesが妥当な選択となる可能性は高いです。(WVD ARM版の選択についても同様です)

今回対象外としましたが、ANFはパフォーマンスでは最上位であり、ログインストームが発生しやすい利用用途やそもそもユーザ数が多い場合はANFをベースに検討いただくことを推奨します。

コスト、信頼性等、選択するには他の非機能要件も検討が必要ですので、お悩みの際は是非当社までご相談いただければと思います。

ご参考

Azure ストレージの使い分けと導入上のポイントは?

Windows Virtual Desktop における FSLogix の最適なプロファイルの保存先【コスト重視】

ADを使ったAzure Filesの設定方法

Fslogixのグループポリシーについて

明確な資料は公開されていませんが、コンピュータのレジストリ設定の資料が公開されているので、読み替えることが可能です。

Title : Profile Container registry configuration reference

https://docs.microsoft.com/en-us/fslogix/profile-container-configuration-reference

Title : Office Container registry configuration reference

https://docs.microsoft.com/en-us/fslogix/office-container-configuration-reference

Title : Cloud Cache registry configuration reference

https://docs.microsoft.com/en-us/fslogix/cloud-cache-configuration-reference

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください