Windows仮想マシンのNIC設定を変更するとRDPに接続できなくなった

Azure仮想マシン上で、NIC設定をコントロールパネルのネットワークアダプタから設定した場合、設定変更を反映した後、RDP接続が切れてしまいます。こちらの復旧方法をご紹介します。
※RDP接続トラブルについては以下記事もご参照ください
VM への RDP 接続ができない理由と対処法

事象説明

Azure上のWindowsマシンのNIC設定では、何らかの設定変更を実施した場合RDP接続が切れてしまいます。

1.NIC設定変更後、「閉じる」ボタンをクリックすると、

2.RDP接続ができなくなってしまいます


復旧策

内部NIC設定の変更でRDPできなくなった場合、いくつか復旧方法がありますが、以下に案内する手順が簡単です。
※NIC設定がリセットされ、仮想マシンが再起動します

1.AzurePotal上から対象仮想マシンの「ネットワークインターフェイス」の「IP構成」を開きます

2.IPアドレスの値を編集し、「保存」します
※動的アドレスを設定している場合は「静的」に変更し、IPアドレスの値を適当なものに変更して保存してください

以上でNIC設定がリセットされ、RDP接続ができるようになります。
IP設定についてはもう一度「IP構成」から値を設定すれば、元の値に戻すことが可能です。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください