ローカルグループポリシーエディター内で Windows Update に関する設定はどこでできますか。表示が見つからない。

【対象者】

 Windows VM をサーバーとして扱う際,Windows Update による更新・再起動等が起因で運用環境に及ぼす影響を制御したい方向け

 

【設定方法】

 Windowsマーク+Rを押下し[gpedit.msc]と入力.(ローカルグループポリシーエディターが開く)
 管理用テンプレート > Windows コンポーネント > Windows Update にて設定ができます.
 Windows Update 項目の表示が見当たらない方は以下をご覧ください.

 

【事象】

 Azure 上で Windows VM をデプロイし,日本語化を実施.
 その後,ローカルグループポリシーエディターで管理用テンプレート内の「 Windows Update 」を探すと,項目がなくなっている事象が確認されています.

 

【原因】

 Azure でデプロイを行った Windows VM の OS イメージは,あらかじめ更新プログラムがほぼ最新の状態となっており,この状態は,管理用テンプレートの構成ファイルである *.ADMX ファイルや言語ファイルである英語フォルダ( en-us )の *.ADML ファイルが最新状態ということとなります.

 英語 OS 環境を日本語化する際,言語パックのインストール実施と共に,日本語フォルダ( ja-jp )の *.ADMXファイルに定義されている内容が *.ADML ファイルに存在しないことがローカルグループポリシーエディターに表示されない原因となります.

 

【対策】

  1. Windows Update を実施し最新の状態に更新
  2. Microsoft の Web サイトよりグループポリシーの管理用テンプレートをダウンロードし,既存の *.ADML や *.ADMX ファイルが格納されているフォルダと置き換える(置き換え手順は後述)

 

【置き換え手順】

  1. 以下の Microsoft Web サイトリンクから OS バージョンに該当する管理用テンプレートをダウンロード
    Windows でグループ ポリシー管理用テンプレート用のセントラルストアを作成および管理する方法
    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3087759/how-to-create-and-manage-the-central-store-for-group-policy-administra
  2. ダウンロードした MSI ファイルを実行し展開
    ※格納先フォルダを控える
  3. 格納先を開き,PolicyDefinitions フォルダをコピー.既存フォルダ(c:\windows\PolicyDefinitions)とフォルダごと置き換える
    ※既存フォルダは別の場所に保存・リネーム等をお勧めします
    ※一部ファイルや一部フォルダのみの置き換えは想定されていません
    ※OS 再起動は不要

置き換え手順実施後,ローカルグループポリシーエディターを一度閉じてから再度開き,改善されていることを確認する.

いいね (この記事が参考になった人の数:3)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください