強制トンネリングを有効にしたらデプロイしたPaaSのパフォーマンスが落ちてしまいました。何か回避策はありますか?

こんにちはDXソリューション統括部の村松です。

強制トンネリングを有効化した際のよくあるトラブル事例とその原因、回避策についてお答えいたします。

 

【トラブルの内容】

Azure仮想マシンを使用して、バックエンドで Azure SQL Database インスタンスを使用するシステムがあるのですが、最近、強制トンネリングを有効にしたところ、データベースにアクセスする際に遅延が生じパフォーマンスが低下することに気付きました。原因はなんでしょうか。また回避策はありますか。

 

【原因】
Azure SQL DatabaseやAzure Storageなどの各種PaaSサービスはエンドポイントがパブリックになります。そのため、各種PaaSサービスへはインターネット経由でアクセスされます。
Azure仮想マシンは既定でAzureのバックボーンを経由してインターネットへアクセスされます。
これによってAzure仮想マシンから各種PaaSサービスへのアクセスを高速に行うことができます。

しかし、強制トンネリングを有効にするとAzureバックボーンを経由せず、オンプレミス側のゲートウェイを経由して各種PaaSにアクセスされるため、それが原因でパフォーマンスが低下したものと考えられます。

 

【回避策】
サービスエンドポイントを有効にすることでパフォーマンスが改善される可能性があります。
サービスエンドポイントを介すると、仮想ネットワークから Azure サービスへのトラフィックは強制トンネリングの有無に関係なく常に Azure のバックボーンを経由して、行われるため、各種PaaSサービスへのアクセスを高速に行うことができます。

サービスエンドポイントの詳細については以下の関連ドキュメントをご覧ください。

[仮想ネットワーク サービス エンドポイント]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-network/virtual-network-service-endpoints-overview

 

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください