【2020版】【10分でできる】Word Pressの勉強をしたいんで、Azure Web AppsでWord Press環境を構築してみた。


【2020版】【10分でできる】Word Pressの勉強をしたいんで、Azure Web AppsでWord Press環境を構築してみた。

以下、作業のメモ

Azure側での作業

1.Azureマーケットプレイス 『 WordPress 』で検索 → 先頭に出てくる『 WordPress 』を選択

2.作成を選択

3.必要情報を入力していきます。

データベースプロバイダーはMy SQL in App(データベース組み込み)に切り替えることでランニングコストを抑えられます。

App Serviceプラン/場所については作成するワードプレスの方針により方針が異なるため、次項で説明。
App Serviceプラン/場所をクリックします
image.png

4.必要情報を入力していきます。

新規作成をクリックします

プラン名(わかりやすければ何でもよし)を設定して、価格レベルをクリックします。

特にこだわりがなければデフォルトのS1がベターで良いんですがこんなに機能もりもりじゃなくて良いので
開発/テストをクリックします

ここで選択をせまられるのがF1とB1です。
F1・・・破格の無料プランですが、ストレージが小さすぎるのと独自ドメイン、SSLが使えない点がとても痛いです。Googleさんから嫌われます。
D1・・・F1プランに加え、カスタムドメインが使用できるようになったものです。 微妙。
B1・・・ストレージが10倍になり、独自ドメイン+SSLの設定が可能になります。 独自ドメイン+SSLが設定できないと困る方は最低限B1が良いです。 お試しで構築するならF1で良いです。

なので私はB1プランを設定します。

上記で適用→OKを選択すると元の画面に戻るので、作成をクリック。 これでWordPressの完成です。
image.png

  
あとはひたすらデプロイの完了を待ちます。
image.png

5.デプロイが完了したら、動作確認を行います。 Azureでの作業は以上です。

デプロイが完了したら、リソースに移動します。

 

URLを選択します

 
 
 

Web側での作業

1.Word Pressの初期設定画面が出てくるのでアクセスします

日本語を選択して、続けるを選択

image.png

2.必要情報を入力して、WordPressをインストールを選択します

image.png

3.成功しました!と出ればインストール成功です。 ログインボタンを押してみます

image.png

4.ログイン画面が出るので、#2で設定したIDとパスワードを入力してログインしてみます

image.png

5.以下のような画面が表示されれば設定完了です

image.png

補足(F1プランとB1プランの大きな差)

F1プランで作成したWebサイト
SSL非対応なので、保護されていない通信と表示されてしまう。
Googleさんから嫌われるやつ
image.png

B1プランで作成したWebサイト
しっかり保護されています。 ブログ運用を目的とするのであればカスタムドメインも設定できるB1プラン以上がいいっすね
image.png

フリープランのWeb appsは消しますが、B1プランのほうはワードプレススキルアップの為に今後も活用していきたいと思います。

Qiitaバージョンの記事はこちら
https://qiita.com/abemaki/items/4cc61755bbc37a15e07d

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください