Windows Virtual Desktop 最新ニュース(2020年5月1日)Spring Update 2020 がパブリックプレビュー

本記事は、Spring Update のリリースにあたって弊社による理解と見解であり、情報発信のスピードを優先しており、間違った内容が含まれている場合があります。ご了承ください。

2020 年 5 月 1 日 AM 2 時すぎに、以前からイベントやフォーラムでまもなく公開と予告されていた Spring Upate がリリースされました。

Spring Update 2020 is in Public Preview!
https://techcommunity.microsoft.com/t5/windows-virtual-desktop/spring-update-2020-is-in-public-preview/m-p/1350774

Spring Update 概要

代表的な変更点をいくつか挙げるとこのようなものがあります。

  • ARM object に構成変更
  • Azure Portal で WVD が管理可能
  • Service Metadata のリージョンが選択可能
  • PowerShell の Az モジュールに WVD 関連コマンドが追加
  • ユーザー割当がグループで指定可能
  • Teams ビデオ会議対応(A/V Redirection)

ARM object に変更

まず、一番大きなインパクトは従来の内部構成を刷新しています。
これまで、WVD を構築しても RDS テナントやホストプールのリソースが Azure 上で確認できず、VM のみ目に見えて管理できていたかと思います。

今回のアップデートにより、その構成が見直され、Workspaces(従来の RDS テナントに相当)、Host pools、Application Groups という 3 つのリソースを中心に、Host pool にセッションホストとして VM がぶら下がる構成になっています。

詳しい説明はこちらを参照ください。現在は英語ドキュメントのみ最新に更新されています。
Windows Virtual Desktop environment
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/virtual-desktop/environment-setup

今後、従来のオブジェクトを移行するツールがリリースされる予定となっています。

Azure Portal で WVD が管理可能

ARM object に変更したことで Azure Portal でリソースとして確認することが出来るようになり、他のサービス同様にポータルから管理可能となりました。
まだ英語のチュートリアルのみですが、こちらを参照ください。

Tutorial: Create a host pool with the Azure portal
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/virtual-desktop/create-host-pools-azure-marketplace

試しにデプロイしてみましたが、一発で簡単にデプロイすることが出来ました。
ポータル上で WVD 環境の状況も簡単に把握可能となっています。

Service Metadata のリージョンが選択可能

Service Metadata は今までは United States のみ指定可能でした。Service Metadata は Workspaces や Host pools、Application Groups のリソースが実際に存在するリージョンです。論理的なリソースとはいえ、セッションホストと極力同じ方が望ましいでしょう。
今はこれらのリージョンから選択可能となります。いずれ東日本も選択可能になるのでしょうか。

PowerShell の Az モジュールに WVD 関連コマンドが追加

確認したところ Az モジュールをアップデートしただけではコマンドは追加されず、そのサブモジュールを個別指定してインストールおよびインポートして使用する必要があるようです。おそらくこれらのコマンドの Category が Cmdlet ではなく Function になっているからかと思います。

# 初回のみ(管理者として実行)
Install-Module -Name Az.DesktopVirtualization
# 使用する時
Import-Module -Name Az.DesktopVirtualization

コマンド一覧はこちらです。

Name                              Category  Module                    Synopsis
----                              --------  ------                    --------
Disconnect-AzWvdUserSession       Function  Az.desktopvirtualization  Disconnect a userSession.
Get-AzWvdApplication              Function  Az.desktopvirtualization  Get an application.
Get-AzWvdApplicationGroup         Function  Az.desktopvirtualization  Get an application group.
Get-AzWvdDesktop                  Function  Az.desktopvirtualization  Get a desktop.
Get-AzWvdHostPool                 Function  Az.desktopvirtualization  Get a host pool.
Get-AzWvdRegistrationInfo         Function  Az.desktopvirtualization
Get-AzWvdSessionHost              Function  Az.desktopvirtualization  Get a session host.
Get-AzWvdStartMenuItem            Function  Az.desktopvirtualization  List start menu items in the given application...
Get-AzWvdUserSession              Function  Az.desktopvirtualization  Get a userSession.
Get-AzWvdWorkspace                Function  Az.desktopvirtualization  Get a workspace.
New-AzWvdApplication              Function  Az.desktopvirtualization  Create or update an application.
New-AzWvdApplicationGroup         Function  Az.desktopvirtualization  Create or update an applicationGroup.
New-AzWvdHostPool                 Function  Az.desktopvirtualization  Create or update a host pool.
New-AzWvdRegistrationInfo         Function  Az.desktopvirtualization
New-AzWvdWorkspace                Function  Az.desktopvirtualization  Create or update a workspace.
Register-AzWvdApplicationGroup    Function  Az.desktopvirtualization
Remove-AzWvdApplication           Function  Az.desktopvirtualization  Remove an application.
Remove-AzWvdApplicationGroup      Function  Az.desktopvirtualization  Remove an applicationGroup.
Remove-AzWvdHostPool              Function  Az.desktopvirtualization  Remove a host pool.
Remove-AzWvdRegistrationInfo      Function  Az.desktopvirtualization
Remove-AzWvdSessionHost           Function  Az.desktopvirtualization  Remove a SessionHost.
Remove-AzWvdUserSession           Function  Az.desktopvirtualization  Remove a userSession.
Remove-AzWvdWorkspace             Function  Az.desktopvirtualization  Remove a workspace.
Send-AzWvdUserSessionMessage      Function  Az.desktopvirtualization  Send a message to a user.
Unregister-AzWvdApplicationGroup  Function  Az.desktopvirtualization
Update-AzWvdApplication           Function  Az.desktopvirtualization  Update an application.
Update-AzWvdApplicationGroup      Function  Az.desktopvirtualization  Update an applicationGroup.
Update-AzWvdDesktop               Function  Az.desktopvirtualization  Update a desktop.
Update-AzWvdHostPool              Function  Az.desktopvirtualization  Update a host pool.
Update-AzWvdSessionHost           Function  Az.desktopvirtualization  Update a session host.
Update-AzWvdWorkspace             Function  Az.desktopvirtualization  Update a workspace.

詳しくはこちらのドキュメントも参照ください。

Set up the PowerShell module for Windows Virtual Desktop
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/virtual-desktop/powershell-module

ユーザー割当がグループで指定可能

従来、WVD でのユーザー割当は個々のユーザーを指定する必要がありました。Spring Update ではグループの指定も可能となっています。

Teams ビデオ会議対応(A/V Redirection)

この機能はまだ未検証のため、今後確認していきたいと思います。

その他変更点

通信要件の追加

Azure Portal で管理可能になったことで、通信要件として必要な FQDN やポートも追加されています。構築方法だけではなくこのような要件も改めてご確認ください。

What is Windows Virtual Desktop?: Requirements
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/virtual-desktop/overview#requirements

ウェブクライアント(ブラウザ)アクセス時のURL変更

従来のURLはこちらでした。
https://rdweb.wvd.microsoft.com/webclient/index.html
新しいURLはこちらになります。
https://rdweb.wvd.microsoft.com/arm/webclient/index.html

Azure Firewall の設定がより楽に

従来は一つ一つ必要な FQDN を登録する必要がありましたがサービスタグ(IP Group)が追加されたのでこの設定で一撃です。

以上です。
ざっとまとめて見ましたが、いかがだったでしょうか。

パブリックプレビューの構成を試してみたいという方がいれば、ぜひ弊社までお問い合わせください。

いいね (この記事が参考になった人の数:8)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください