Office 365 サービスの名称変更について

2020年3月末に Office 365 の名称変更が発表されました。
変更日は、日本時間では 2020年4月22日となっています。

もともと分かりづらいものに変更が加わったため、不安に思われているかたも多いと思います。
新型インフルエンザ COVID-19 の影響で Office 365 の導入の検討を進められているさなかでの変更で困惑されるかたもおられることでしょう。


そこで、本ブログでは変更の要点を以下に記しますので、ご理解の一助になれば幸いです。

※家庭向けプランでも変更のアナウンスがございますが対象外とさせていただきます。

 

まず、このたびの変更内容は、一部のプランの名称が変更され、サービス内容と価格は変更はございません
変更内容と提供サービスを記しますと以下になります。

 

 

以下は、Fプランの更新内容になります。

Microsoft 365 F1 が F3 に名称が変更され、Microsoft 365 F1 が新規プランとして導入されておりますのでご留意ください。

※F プランにて提供される各サービスには、機能制限が設けられております。

 

※すべてのサービスを網羅した図ではございません。

全機能の詳細はマイクロソフト社のサイトをご確認ください。

 

なお、表に記載のないアドオンのサービスや、E1、E3、E5 などのエンタープライズ向け(大企業向け)プラン、A1、A3、A5 などの教育機関向けプランには変更はございません。

いいね (この記事が参考になった人の数:5)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください