クラシックコマンドでAzureサインイン時にサブスクリプションが表示されない

最近マイクロソフトから2023年3月1日までクラシックリソースをARMに移行するよう通知がありましたが、未だクラシックリソースが存在している環境においてはPowerShellでクラシックコマンドでAzureに接続する機会もあるかと思います。
今回はサブスクリプションへの権限があるにも関わらず、サブスクリプションが表示されずに選択できない場合の対処法を記載します。
結論から先に記載すると、サブスクリプションが表示されないのは”管理証明書”がローカルに存在していないことが原因です。
以下に管理証明書を入手する方法を含んだAzureへの接続方法を記載します。

①次のコマンドでAzureに接続します。

Add-AzureAccount


②次のコマンドで権限が付与されているサブスクリプション一覧を表示します

Get-AzureSubscription


③ここでアクセスしたいサブスクリプションが表示されない場合、次のコマンドで管理証明書を入手します。

Get-AzurePublishSettingsFile


④Webブラウザーが起動しAzureへのサインイン画面が表示されます。
サブスクリプションにアクセス権のあるアカウントでサインインします。

2020/7/9追記
※この作業を実施する前に ディレクトリの切り替え > 既定のディレクトリの設定 にて対象のサブスクリプションを選択しておく必要があります。


⑤「公開設定のダウンロード」をクリックすると以下のような .publishsettings ファイルがダウンロードできます。
Windows Azure MSDN – 2020_2_19 13_39_48 – credentials.publishsettings
※サンプル名称です。


⑥次のコマンドで管理証明書をインポートします。

Import-AzurePublishSettingsFile “.\Windows Azure MSDN – 2020_2_19 13_39_48 – credentials.publishsettings”


⑦Get-AzureSubscription コマンドで再度サブスクリプションを確認すると、管理証明書をインポートしたサブスクリプションが新しく表示されるようになります。Select-AzureSubscription コマンドでサブスクリプションを選択して作業が実施できるようになります。

いいね (この記事が参考になった人の数:3)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください