Windows Virtual Desktop 最新ニュース(2020年3月20日)WVD 次期バージョンのリリース情報!

3月20日に実施されたVirtaul event「AccelerateYour Windows Virtual Desktop Deployment」にて、WVDの更新情報が発表されました!
その中から注目ポイントをいくつかご紹介していきます。
(※実装はもうしばらく時間がかかりそうです)

Azure Portalに統合!

待望のAzure Portal対応です。WVDコンポーネントをAzure Portalから管理できるようになりました。これに合わせて、WVDの権限(RDS Owner, Contributor等)もRBACに統合されているかと思います。

WVDのPowershell CmdletがAzure Moduleに統合!

従来は「Microsoft.RDInfra.RDPowershell」というモジュールにてWVDを管理しておりましたが、これがAzure Module(恐らくAz Module)に統合されるとのことです!

Teams対応がGA!

遂にWVD上のセッションホストでTeamsがサポートされました!
従来はオーディオ、カメラのリダイレクトに課題がありましたが、問題なく使うことができるのか気になるところですね。

近々シンクライアント端末もサポート!

シンクライアント端末に対応していなかったWVDですが、近々サポート予定とのことです。これでエンドポイントの情報漏洩対策もばっちしですね。

AzureADグループのユーザー割当に対応!

従来までは一人一人ユーザーを割当てる必要がありましたが、グループ単位での割当てがサポートされるようになりました。これにより、「ADのセキュリティ グループ」→ AADCでAzure ADに同期 → 「Azure ADグループ」単位での割当ができるというわけですね。

近々サービス メタ データの保存場所に日本を選択可能!

従来まではサービス メタ データの保存場所はアメリカ固定でしたが、保存場所に日本を選択できるようになるとのことです。セキュリティ ポリシー上海外にデータを保存できないというお客様も、これを機にWVDの利用を検討してはいかがでしょうか。

Azure Monitor, LogAnalyticsへの統合!

既定で様々なLogAnalyticsのクエリが実装されているようですね。これで障害発生時の原因調査や管理者へのメール発報を簡単に実装することができそうです。

2019年の9月末にGAされたWVDは管理ポータルがないため、Azureの運用に慣れていな方にとっては、敷居の高いサービスとなっていました。しかし、今回のアップデートによって、使い勝手は格段に向上したと言えるでしょう。

今後のWVDアップデート情報にも期待していきましょう。

いいね (この記事が参考になった人の数:11)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください