VM への RDP 接続ができない理由と対処法

 VM への RDP 接続ができない.又は,突然接続できなくなった.場合の理由と対処法の例を紹介いたします.

 

<接続できない理由>
・ホスト(接続先)が電源 OFF 状態である
・ホスト(接続先)が Windows Update 中で,終了するまでの期間で RDP 接続を試みている
・ホスト(接続先)が再起動中状態である …等

 

<対処法>
・Azure Portal から対象のVMリソースを選択し,ブート診断を確認します.
対象 VM におけるユーザーログイン画面のスクリーンショットが表示されていれば,RDP 接続が可能な状態であります.対して,ユーザーログイン画面が表示されていなければ,接続不可状態になります.例としまして,起動中や % が表示されている画面の場合があり,OSの状態が整ってから再度 RDP 接続を試みてください.

 それ以外の場合で RDP 接続ができない場合については,本サイトの別記事等を参考にご対応お願いします.

Azure上のWindows仮想マシンにRDP接続できなくなった場合(Firewallを規定値に戻してしまった場合の対処方法)

 

※ブート診断について
・VM作成時に,管理タブの監視セクションにあるブート診断をオン(デフォルト設定ではオン)にします.
・作成時や現在のブート診断設定がオフの場合でも,オンに切り替えることは可能( VM を再起動する必要有り)です.
・デプロイモデルにつきましては,クラシックと ARM の両モデルに対応しています.

以下,参考サイト [ Microsoft.comに移動 ]
Microsoft Azure サポートの診断情報とメモリ ダンプの収集
ブート診断を使用して、Azure 内の仮想マシンをトラブルシューティングする方法


いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。