近接通信配置グループとは

12 月に一般公開された近接通信配置グループをご紹介します。
Azure の歴史において、目的に応じて VM の物理的なデプロイ先をコントロールする手段がいくつか用意されてきました。可用性セット(更新ドメイン、障害ドメイン)、可用性ゾーンがそれらの代表になります。

目的

近接通信配置グループは VM 間のネットワークパフォーマンスを最大化することが目的に用意されたと考えられます。

一般公開されたときのアナウンスを確認すると、いろんなものが見えてきます。
https://azure.microsoft.com/en-us/blog/announcing-the-general-availability-of-proximity-placement-groups/

ポイント

VM 間のネットワークパフォーマンスを最大化するには、近接通信配置グループとネットワーク高速化オプションが有効と書かれています。ただし、ネットワーク高速化オプションは 4 コア以上の VM で利用可能、かつ大きめのサイズじゃないと効果が薄いようです。

近接通信配置グループのデプロイは不安定なところも多々あるようで、GA したとはいえコツが必要なようです。デプロイの順番やお作法を守る必要があるようです。

可用性セットや可用性ゾーンとの併用

近接通信配置グループは可用性セットや可用性ゾーン、仮想マシンスケールセットと併用することが出来ます。
以前は可用性セットにするだけでも最低限同一データセンター内(別の物理ラック)に配置されたようですが、今は必ずしもそうなっていないと書かれています。

近接通信配置グループの作り方

VM を作成する前に予め近接通信配置グループを作成します。
新規リソースの作成で「Proximity Placement Group」と検索します。

リソースグループとリージョンを選択して、名前を決めるだけです。

VM 作成時に近接通信配置グループを適用する

VM 作成時に「詳細タブ」で選択可能です。VM と同じリージョンの近接通信配置グループが選択できます。

あとは普通に VM を作成するだけです。

まとめ

アナウンスページにも SAP というキーワードがあるように、最大限の高いパフォーマンスを引き出すような時に活用することが想定され、通常はなくても概ね問題ないかと思いますが、2層、3層のアプリケーションでは活用していくのが今後スタンダードになるかもしれません。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。