Azure SQL Database の災害対策について

Azure SQL Database には標準で災害対策機能が備わっております。
そのうち2点をご紹介します。

 

「アクティブ Geo レプリケーション」
同じデータ センターまたは異なるデータ センター (リージョン) 内の SQL Database サーバー上に、最大4つのセカンダリ データベースを作成できます。
セカンダリ データベース作成後、プライマリーデータベースの更新は非同期で自動的にレプリケートされます。

 

[アクティブ geo レプリケーションの作成と使用]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-active-geo-replication

 

「Geo リストア」
最新のバックアップから任意の Azure リージョンに復元できます。
また、上述のアクティブ Geo レプリケーション でバックアップされたソースからも Geo リストアを行えます。

 

[自動データベース バックアップを使用して Azure SQL データベースを復旧する]
・Geo リストア
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-recovery-using-backups#geo-restore

 

障害対策機能は以下サイトにまとめられておりますので、併せてご覧ください。

[Azure SQL Database を復元する、またはセカンダリにフェールオーバーする]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-disaster-recovery

 

RTOや、RPO などの SLA は以下に記載がございます。
[Azure SQL Database の SLA]
https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/legal/sla/sql-database/v1_4/

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。