Teams にアップロードされたファイルの格納先

Teams 内でアップロードを行った場所により異なります。

  • 「チーム内でファイルをアップロードした場合」
    チームに紐づく SharePoint サイト コレクションのドキュメント ライブラリにファイルが格納されます。
  • 「チャットにてファイルをアップロードした場合」
    OneDrive for Business にファイルが格納されます。

なお、チームの削除を行いますと
[チームを削除します。チーム “チーム名” を削除してよろしいですか。このチームのすべてのチャネル、チャット、ファイル、および、Office 365 グループが削除されます。」
というメッセージが表示されますが、Office 365 グループは削除されますが、それに紐づくSharePoint サイト コレクションや OneDrive for Business へ格納されたファイルは削除されない仕様となっております。

チームの削除後にファイルが必要となった場合は、それぞれの領域をご確認頂く必要がございますが、Teams との紐付けが解除され後で該当する SharePoint サイト コレクションの確認方法を以下に記します。

事前準備

SharePoint Online Management Shell のインストールを行います。
※Windows 8 以降をご利用の場合は必要ございません。

  1. 下記の Microsoft ダウンロード センターから、Windows PowerShell 3.0 をインストールします。
    [Download Windows Management Framework 3.0 from Official Microsoft Download Center] (英文)
    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34595
  2. 下記の Microsoft ダウンロード センターから、SharePoint Online Management Shell をインストールします。
    [Download SharePoint Online Management Shell from Official Microsoft Download Center]
    http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35588

操作手順

SharePoint Online Management Shell にて以下を実施します。

  1. [SharePoint Online Management Shell] を右クリックし、 [管理者として実行] で起動します。
  2. 表示した画面で “Connect-SPOService” を入力し Enter キーを押します。
  3. “https://<テナント名>-admin.sharepoint.com” を入力し、 Enter キーを押します
  4. “Enter your credentials” のダイアログが表示されましたら、全体管理者の ID とパスワードを入力し、OK をクリックします。

なお、Teams にてチーム名に日本語を用いているなどで、Office 365 グループ サイトの URLが分からない場合は、以下のコマンドレットでご確認頂けます。

Get-SPOSite -Template Group#0

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください