Windows Virtual Desktop における高可用構成(地理冗長構成)その2

以前、以下の記事で Pooled 構成(マルチセッション)の Windows Virtual Desktop(以下、WVD)の高可用構成について記述しました。

Personal 構成(シングルセッション、Persistent)ではちょっと構成方法が異なるため、それについて記述します。

構成

Personal 構成でも WVD のアーキテクチャはほぼ変わりありません。違いとしては、FSLogix を使用してもしなくても良い点が違いです。構成によってその要否も変わってくるため、後述します。

構成案 1

Personal 構成の特徴として、一人のユーザーは同じアプリケーショングループに1VMにしか割当することが出来ないという制約事項があります。
そのため、東日本と西日本それぞれに WVD を展開し、FSLogix を使ってユーザープロファイルのみ共有するというのがシンプルな構成です。

異なる WVD のため、クライアント上のホストプールのアイコンはそれぞれ別になり、使い分けることになります。

構成案 2

次に、Azure Site Recovery(以下、ASR)を使用する方法です。
WVD を展開後、Azure Portal より VM のメニューからディザスターリカバリーの設定を行うことで簡単に ASR は構成可能です。

構成時の注意点として、DR 元と DR 先の他、第三のリージョンにリカバリーコンテナを作成する必要があるため、予め用意しておいた方がいいです。
また、DR 先でも必ず AD、DNS に通信できることが必要です。

この構成はユーザープロファイルのみならず、VM 全体のデータが保護可能な点が最大の特徴です。また、フェールオーバーを行っても WVD の構成や設定には一切影響はなく、シームレスに DR 先の VM に接続することができます。
VM 全体が保護されるため、FSLogix を使用する意味はあまりないです。

以上、WVD で本格的に業務を行う際にぜひご検討ください。

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。