Azure SQL Database に接続できない場合の要因と対処について

SQL Database との接続時に一時的な問題が発生した際、原因として考えられる内容は以下になります。

 

[一時的に接続不可]
・障害対応やパッチ適用時にフェールオーバーに切り替わる際
・クライアント間におけるネットワーク遅延などでの接続タイムアウト
・データベース容量上限に達するなどのリソース制限に到達した場合
・DDoS 攻撃などの短時間にログイン再試行を繰り返した際に、悪意のある接続と判定された場合

 

[永続的に接続不可]
・アプリケーションとの接続に不備がある場合
・ファイアウォールの設定に不備がある場合

 

PaaS サービスのため、ユーザー側でコントロールできない事象もありますが、切断やタイムアウトに備えるため、リトライロジックを入れることが推奨されます。

また、マイクロソフト社サイトにおいて、一時的、永続的に接続できない場合の対処法がまとめられておりますのでご確認ください。

[Azure SQL Database との接続に関する一般的な問題のトラブルシューティング]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-troubleshoot-common-connection-issues

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください