Windows Virtual Desktop ホストプールを更新する

こんにちは、パーソルプロセス&テクノロジーの内田です。

Windows Virtual DesktopのGithubリポジトリを確認したところ、ホストプールを更新するシナリオのARMテンプレートが公開されていました。

Github : Update Existing Windows Virtual Desktop Hostpool

このテンプレートの”Update Action”を機械翻訳した内容は以下のとおりです。

更新アクション

ホストプールを更新する場合、現在接続しているユーザーに通知する方法と、以前のセッションホストVMを処理する方法を選択できます。

  • ActionOnPreviousVirtualMachines。[ 削除]または[ 割り当て解除]を選択します。場合削除が選択され、以前のセッションのホストのVMは、関連付けられたネットワークインターフェースとOSディスクと一緒に、削除されます。[ 割り当て解除]が選択されている場合、Azure VM(ホスト)はホストプールから削除され、Azureで単に割り当て解除され、後でそれらを保持または接続できるようになります。
  • UserLogoffDelayInMinutes。ユーザーがホストプールの既存のセッションから自動的にログオフされるまでの遅延。
  • UserNotificationMessage。ログオフ遅延カウンターがカチカチ音をたてる前に、既存のセッションを持つユーザーに送信されるメッセージ。このメッセージを使用して、自動的にログオフされる前に、作業を保存するか自分でログオフするようにユーザーに通知できます。

検証はできておりませんが、ホストプールの設定はそのままに、セッションホストVMを新規に構築するようですね。
その上で既存のセッションホストVMのリソースを削除するか、割り当て解除を実施してリソースは残しておくか、を選択できるようです。

マスターイメージの更新からセッションホストをデプロイするシナリオに沿っているのであれば、是非この機能を使っていきたいですね。

ちなみに、このテンプレートのデプロイにてセッションホストVMを追加するシナリオには対応しておりません。セッションホストを追加したい場合には、以下の記事を参考にしてください。

Windows Virtual Desktop 最新ニュース(2019年11月5日)

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。