Log Analytics のエージェントが仮想マシンに自動的にインストールされる

Azure Security Centerにて「Log Analytics エージェントの自動プロビジョニング」が「有効」になっている場合、仮想マシンにLog Analyticsのエージェントが自動的にインストールされます。インストール後に手動でアンインストールしたとしても再度自動的にインストールされる為、インストールされると支障がある場合は「Log Analytics エージェントの自動プロビジョニング」を「無効」にする必要が有ります。

設定箇所について簡単にご説明します。初めに、「セキュリティセンター」-「価格と設定」を開き、当該サブスクリプションを選択します。

続いて「データ収集」を開き、「自動プロビジョニング」の設定を確認します。

また、詳細についてはマイクロソフト社公式ドキュメントである以下を参照願います。

[Azure Security Center でのデータ収集]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/security-center/security-center-enable-data-collection

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。