PowerShellでフォルダーのNTFSアクセス権を設定すると「特殊なアクセス権」となってしまう

Windows OS上のフォルダーのNTFSアクセス権制御はPowershellでも行うことができますが、設定を誤ってしまうと本来GUIで制御した際と同様の設定にはならないことがあります。

具体的には、詳細設定上はGUIで設定したいものであるものの、プロパティ上は「特殊なアクセス許可」に☑がついてしまいます。

 

注意点としては、アクセス制御の引数において「アクセス権の種類」のみならず、ACLの反映規則、つまりアクセス権の適用先もGUIで制御した際と同様の設定になるようにしなければなりません。

例えばGUIで「変更」に☑を入れた時と同じ設定にしたい場合、以下のようにアクセス制御の種類を「Modify」にしたのみでは上記の画像と同じ結果になってしまいます。

(以下は別記事【PowerShell】フォルダーのアクセス権制御 – Cloud Steady | パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 の「$Permission」の内容を想定しています)

“$Group_Name”,“Modify”,”None”,”None”,”Allow”

 

本来GUIで「変更」を選択した際、その適用先は「このフォルダー、サブフォルダーおよびファイル」であるため、以下のようにACLの反映規則も設定する必要があります。

“$Group_Name”,“Modify”,”ContainerInherit,ObjectInherit”,”None”,”Allow”
 
なお、PowerShellによるフォルダーのアクセス制御につきましては以下記事をご参照ください。

 

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください