Azure Information Protectionの個人用RMSでフリーメールアドレスは使用できますか?

基本的には使用できません。

 

Azure Information Protectionでは「組織が既に Azure Information Protection Premium のサブスクリプション、または Azure Information Protection を使用したデータ保護を含む Office 365 サブスクリプションを利用している」(Microsoft社ドキュメントから引用)場合、そのまま認証が可能です。

 

しかし、先の要件に合致しない場合は、個人用RMSと呼ばれる簡易版Azure ADと呼べるような仕組みをバックグラウンドで使用し、認証を行うことが可能です。

 

個人用RMSを使用する際にはメールアドレスを登録しますが、そのメールアドレスはフリーメールアドレスではなく、基本的には企業用ドメインのメールアドレスである必要があります。

 

ここで「基本的に」という前置きをした理由として、一部ISPが契約者に対して配布している個人用メールアドレスなどであれば、企業用ドメインでなくても個人用RMSが利用できるとの事例があるためです。

 

フリーメールアドレスの代表格であるGmailではRMS認証がブロックされることは確認されていますが、これはすべてのフリーメールアドレスが個人用RMSにおいて使用不可であることを意味しません。

 

このブロックの基準はMicrosoft社から公表されていないため、適宜実際に確認が必要となります。

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルクロステクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください