AzureにWindows Server 2008 R2をデプロイする。

この記事は更新から24ヶ月以上経過しているため、最新の情報を別途確認することを推奨いたします。

現時点では既にWindows Server 2008 R2についてはサポート期限が切れているため、サポート切れ前のようにAzure Portalのマーケットプレイスからイメージを選択してデプロイすることができなくなっています。(サブスクリプションの契約形態によっては差異が有るかもしれません)
以下のようにイメージを選択することはできてもエラーメッセージが表示されデプロイを進めることができません。


そのような中でデプロイする方法が無いか検討したところ、マーケットプレイスで以下の画像のようにSQL Serverが含まれているイメージを選択した場合はデプロイをすることができました。デプロイ後にインストールされているSQL Server関連のソフトウェアを全てアンインストールしてしまえば純粋なWindows Server 2008 R2 として使用することができます。あくまで現時点での回避策となりますが一度この方法でデプロイしVMのOSディスクをスナップショットとして保存しておけば、任意のタイミングでスナップショットからWindows Server 2008 R2のVMをデプロイすることもできます。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください