Windows Virtual Desktop 最新ニュース(2019年12月11日)Personal での VM 割当が楽になりました

みなさん、Windows Virtual Desktop(以下、WVD)のご利用状況いかがでしょうか。

先程、WVD フォーラムにて Personal (マルチセッションじゃない1ユーザーに対して1VMを割り当てる使い方)で作った WVD において、ユーザーを VM に割り当てる方法がアナウンスされました。
[Personal desktop direct assignment is now available!]
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Windows-Virtual-Desktop/Personal-desktop-direct-assignment-is-now-available/m-p/1059257

従来の課題

例えば、100 名が使用する WVD で VM が 100 台あり、ユーザーと VM を任意のもので割り当てたい場合、今までは自動で割り当てられるため、この台数では事実上不可能に近く、現実的には割り当てたい VM 以外(99 台)の VM をログインできないようにして、一人ひとり割り当てたい VM にログインしていくという途方も無い作業が必要でした。

今後できること

まず、前提として PowerShell を最新にする必要があります。WVD の構築・管理担当者はこまめにアップデートするのは習慣化しましょう。
管理者として PowerShell を起動して以下のコマンドを実行しましょう。

Update-Module -Name Microsoft.RDInfra.RDPowerShell

ホストプールの属性に AssignmentType というものが追加されました。既定は Automatic で Direct に変更することで任意のセッションホストにユーザーを割り当てることが出来るようになりました。

# ホストプールの AssignmentType を Direct に変更
Set-RdsHostPool <tenantname> <hostpoolname> -AssignmentType Direct

# ホストプールにユーザーを追加
Add-RdsAppGroupUser <tenantname> <hostpoolname> “Desktop Application Group” -UserPrincipalName <userupn>

# セッションホストにユーザーを割り当て
Set-RdsSessionHost <tenantname> <hostpoolname> -Name <sessionhostname> -AssignedUser <userupn>

公式ドキュメントはこちらです。
[Configure the personal desktop host pool assignment type]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-desktop/configure-host-pool-personal-desktop-assignment-type

なお、検証したところ、すでにユーザーが割り当てられたセッションホストに対して、上書きしたり消したりすることは出来ず、原則未割り当ての新規セッションのみとなります。

もしユーザーが割り当てられたセッションホストを再利用したい場合は、一度ホストプールにぶら下がったセッションホストを論理上削除し、改めて手動で再登録することになるかと思います。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。