Web App(App Service)の構成について

 はじめに

AzureでのPaaS型のWebサービスであるApp Serviceですが、この機能を利用することで、OS以下のレイヤーを気にすることなく、Webサービスを利用することが可能です。 ただし、この機能PaaSであるがゆえに、インフラの構成が若干見えづらくなっています。更にスケールアウト/インも発生するため余計にややこしく理解しづらくなっています。 この記事では以下の3つを図解も含めて簡単に紹介します。
・Web Appの基本構成
・Web Appのストレージ構成
・Web Appのメトリクス

 

Web Appの基本構成

Web Appを構成する[App Serviceプラン][Web App][デプロイメントスロット]について階層関係と説明を以下に記載します。

Web Appのストレージ構成

Web Appを構成するストレージ領域[内部ストレージ(D:\local,home以外)][内部ストレージ(D:\local)][外部ストレージ]について階層関係と説明を以下に記載します。

Web Appのメトリクス

Web AppはAzureポータル上でApp Serviceプラン、App Service(Web App)のページが存在し、それぞれのメトリクスやログはどの範囲が対象になっているかを以下に記載します。

Azureポータル→App Service→Web Apps選択→CPUやメモリを選択した場合のメトリクスについて
・対象のWeb Appアプリケーションのみのメトリクスとなります。
・デプロイメントスロットは選択されているもののみの範囲となります。
※Web App上の全デプロイメントスロットの合算値ではない
・App Serviceプランがスケールアウトしている場合、全App Serviceプランの平均値となります。

Azureポータル→App Service プラン→プラン選択→CPUやメモリを選択した場合のメトリクスについて
・App Serviceプラン(インスタンス)上の全アプリケーションのメトリクスとなります。
・アプリケーション上で複数スロットが存在している場合、全スロットの値が含まれます。
・App Serviceプランがスケールアウトしている場合、全インスタンスの平均値となります。

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。