Azure VMでの既定のインターネットアクセスはリタイアするそうです。

こんにちはDXソリューション統括部の村松です。

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2025年9月30日に、Azure VM の既定の送信アクセス接続はリタイアします。
これにより、リタイア以降にデプロイされたAzure VMはアウトバウンドのインターネットネットアクセスが既定でできなくなります。


Default outbound access for VMs in Azure will be retired— transition to a new method of internet access | Azure の更新情報 | Microsoft Azure

 

既にデプロイ済みのAzure VMについてはリタイア以降もインターネットアクセスができるそうですが、早めに対応を検討したほうがよさそうです。

ちなみに、リタイア以降にデプロイしたAzure VMでアウトバウンドのインターネットネットアクセスをできるようにするには以下の何れかの対応が必要になります。

 

  • Azure VMのネットインターフェースにパブリックIPを紐付ける
  • 送信ルールが定義されたAzure Load Balancer(Standard)のバックエンドプールにAzure VMを加える
  • Azure VMを配置する仮想ネットワーク、サブネットにNAT ゲートウェイを紐付ける

 

上記の詳細については以下のドキュメントをご覧ください。

Azure のデフォルトのアウトバウンド アクセス

 

以上 今回はここまでになります。またの機会お会いしましよう!

 

 

1 票, 平均: 1.00 / 1 (この記事が参考になった人の数:1)
評価いただきありがとうございます
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください