SQL Database のスケールアップ操作の順番について

プライマリーデータベースとセカンダリーデータベース(Geoレプリケーション)構成の場合、セカンダリーデータベースのスケールアップから行われることが望ましいとされています。
また、同一の DTU であることも推奨されております。

 

セカンダリーデータベースより先にプライマリデータベースをスケールアップしたり、セカンダリーデータベースのDTU を プライマリーデータベースより低くスケールアップした場合は、セカンダリーデータベースがプライマリーデータベースの処理に追いつけず、結果、データベース不整合が発生し、数時間経てもスケールアップが完了しないなどの問題が生じる可能性がございます。

 

例えば、プライマリーデータベースの DTUが S2の状態で、セカンダリーデータベースを S0 から S1 にスケールアップした場合などが該当します。

 

詳細は以下サイトをご覧ください。

[アクティブ geo レプリケーションの作成と使用]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-active-geo-replication
・セカンダリ データベースの構成
(抜粋)
セカンダリ データベースは、プライマリと同じコンピューティング サイズ (DTU または仮想コア) で作成することを強くお勧めします。 プライマリ データベースで書き込みワークロードの負荷が高くなっている場合、コンピューティング サイズがより小さなセカンダリはそのワークロードを維持できない可能性があります。

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。