Exchange 管理画面でアドレス帳非表示設定ができない

Exchange 管理センター上で設定変更を行ったところ以下のようなエラーになった場合
※今回は共有メールボックスを「アドレス一覧に表示させない」設定をしようとしたら、以下エラーになりました。

メールボックス “(ユーザー名)” に対する操作は、現在のユーザーの書き込みスコープ以外であるため、失敗しました。オブジェクト ‘(ユーザー名)’ に対して操作 ‘Set-Mailbox’、’HiddenFromAddressListsEnabled’ を実行することはできません。このオブジェクトはオンプレミス組織から同期されているため、この操作はオンプレミス組織のオブジェクトで実行する必要があります。

 

オンプレミスADと同期している環境の場合に上記エラーが発生します。
ADと同期している環境の場合、Exchange属性の変更や設定を Microsoft365側で設定することが制限されているため、上記エラーの場合はAD側でExchange属性を設定し、AzureADConnect 同期にてMicrosoft365側へ反映する必要があります。

AD側にて上記設定を行うためには事前にExchange のスキーマ拡張の実施が必要です。
またAzure AD Connect 構成後の設定の場合は、Azure AD Connect にてディレクトリ スキーマの更新を実施し、Exchange 属性に関する同期規則をコネクタに追加する必要があります。

Active Directory 同期環境で Exchange スキーマ拡張が必要な属性について

いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください