Windows 365 vs Amazon Workspaces 価格編

はじめに

2021年8月2日(米国時間)に Windows 365が提供開始されました。
Windows 365 は、月額のサブスクリプションモデルのため利用コストを予測可能なほか、
DaaS(Desktop as a Service)サービスとなりますのでお客様に早期展開できる点が AVD(Azure Virtual Desktop)と大きく異なります。
  
またVDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ基盤)や Azureの知識を持ち合わせていなくとも
お客様に Cloud PC をご利用頂ける点は新たな利点となっています。
 
これまでパブリッククラウドベンダーの月額サブスクリプションモデルのDaaSといえば、
Amazon Workspaces でしたが、Windows 365が登場したことにより、選択肢が一つ増えたことになります。
  
今回は、サービス選定で重要な要素となる価格について、比較していきたいと思います。

 

その他比較要素を簡単に

以下以外にもたくさんありますが、代表的な以下二つを記載します。

 

・OSの種類
Windows 365:純粋なWindows 10、今後はWindows 11 が利用可。
Workspace:Windows Serverべースでの利用。(Windows 10 デスクトップエクスペリエンス)

 

・Office 365 apps
Windows 365:問題なく利用可。
Workspace:ライセンス上利用不可。

 

本題の価格比較

今回はUSドルで比較します。
また、比較に当たり双方のストレージサイズは各シリーズの最小サイズを選択しています。
なお、割引もそれぞれ適用できるので、適用後の価格も記載していきます。

 

# サービス スペック ディスク 月額サブスクリプション
CPU、メモリ 割引なし 割引あり
1 Windows 365 Business 1 vCPU、2 GB メモリ 64 GB Storage $24.00 $20.00
Windows 365 Enterprise 64 GB Storage $20.00
Workspaces  ルートボリューム:80GB
ユーザボリューム:10GB
$34.00 $30.00
2 Windows 365 Business 2 vCPU、4 GB メモリ 64 GB Storage $32.00 $28.00
Windows 365 Enterprise 64 GB Storage $28.00
Workspaces  ルートボリューム:80GB
ユーザボリューム:10GB
$45.00 $41.00
3 Windows 365 Business 2 vCPU、8 GB メモリ 128 GB Storage $45.00 $41.00
Windows 365 Enterprise 128 GB Storage $41.00
Workspaces  ルートボリューム:80GB
ユーザボリューム:10GB
$59.00 $55.00
4 Windows 365 Business 4 vCPU、16 GB メモリ 128 GB Storage $70.00 $66.00
Windows 365 Enterprise 128 GB Storage $66.00
Workspaces  ルートボリューム:80GB
ユーザボリューム:10GB
$108.00 $104.00
5 Windows 365 Business 8 vCPU、32 GB メモリ 128 GB Storage $127.00 $123.00
Windows 365 Enterprise 128 GB Storage $123.00
Workspaces  ルートボリューム:80GB
ユーザボリューム:10GB
$161.00 $157.00

 

価格は、上記のとおり、Windows 365 が安いことがわかります。
なお補足として、Windows 365 には Edtion が二つあり、Enterprise Edtion は人数制限なしのプランで、
対するBusiness は 300ユーザまでの人数制限があります。
通常の価格ではBusiness がEnterpriseより高いですが、割引の適用条件を満たすと同価格になることがわかります。

 

なお、最新の価格は以下公開情報よりご確認ください。

<Windows 365価格>

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows-365/all-pricing 

<Amazon Workspaces価格>
https://aws.amazon.com/jp/workspaces/pricing/

 

まとめ

いかかがでしたでしょうか。
金額、簡単な仕様面においてもWindows 365 が優位と感じる点は多いのではないでしょうか。

これまでの従量課金制のAVDに加え、月額サブスクリプションモデルのWindows 365 をセットで利用することにより、
各社多様に存在する要件を全方位でカバーすることが可能になります。

 

弊社ではクライアント環境の整備をお悩みのお客様に対して、Microsoft純正のサービス(W365/AVD)からサードパーティーを組み合わせた様々なVDI on Azure(with Citrix/Horizon/Ericom 等) のシステムを
提案が可能ですので、ぜひともお気軽にお問い合わせください。

 

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください