Azure ExpressRoute 回線の作成

本書は Azureポータル上の ExpressRoute回線の作成手順で、以下構成の赤枠に該当する箇所です。


1.Azureポータルにサインインし、検索バーにて [Express]を入力し、[ExpressRoute回線]をクリックします。
     


2.ExpressRoute回線のページが表示されるので、[+作成] をクリックします。
               

3.回線のサブスクリプション、リソースグループ、リージョン、名前を指定し、「次:Configuration>」をクリックします。
      


4.構成に必要な情報を指定し、[確認および作成]をクリックします。
 (画面例:プロバイダーがNTTCommunications – Flexible InterConnect指定)
       

 ■帯域幅
 ・50Mbps、100Mbps、200Mbps、500Mbps、1Gbps、2Gbps、5Gbps、10Gbpsから選択可能です。
  プロバイダー側の契約プランに合わせて帯域幅をご指定ください。
 ・回線の増速はダウンタイム無しで、Azureポータルから設定の変更が可能ですが、
  回線プロバイダー側は新規にExpressRoute 回線を作り直す必要があり、ダウンタイムが発生します。
  事前に利用している回線の増速の可否や、ダウンタイムの有無についてご確認ください。
 ・ 回線の減速はExpressRoute 回線の再作成が必要です。

 ■SKU
 ・Local、Standard、Premiumから選択します。
 ・ [Standard] – [Premium] 間はAzureポータル側の設定のみで変更可能です。
 ・ [Standard] または [Premium] から [Local]への設定変更は不可(非サポート)です。

 ■課金モデル
 ・データ計測課金モデルは[従量制課金]もしくは[無制限]から選択します。
 ・[従量制課金] から [無制限]はプロバイダー側の設定変更は不要であり、
  ダウンタイムや再作成の必要なく変更が可能です。
 ・ [無制限] から [従量制課金]は不可(ExpressRoute 回線の再作成が必要)です。

5.[デプロイが進行中です] から [デプロイが完了しました] というステータスが表示されます。
       

6.概要の「サービスキー」をプロバイダー側に共有します。
  プロバイダー状態はプロバイダー側作業完了までは「未プロビジョニング」です。
  

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください