Configuration Manager (MECM/SCCM)のコレクションについて

はじめに

Configuration Manager (MECM/SCCM)は言わずと知れた資産管理製品になりますが、
その中でクライアント管理を実現する際に必ず作成する設定がコレクションです。

 

コレクションはMECMで管理する設定を配信する対象になり、
MECMを活用する上で切り離せない設計項目になります。

 

今回はコレクションの種類と作成方法を簡単にご紹介します。

 

コレクションの種類

コレクションには2種類あります。

# 名称 説明
1 ユーザーコレクション ADのユーザーオブジェクト単位によるグルーピング
2 デバイスコレクション ADのコンピューターオブジェクト単位によるグルーピング

 

例えば、デバイス単位でMECMの設定を配布したい場合は、デバイスコレクションを作成します。

 

作成方法

今回はコンピューターオブジェクト=デバイス単位にてコレクションを作成する方法をご紹介します。

作成には、コレクションの設定にあるメンバーシップの規則により、コレクションに対してデバイスを追加します。
 

 

クエリ規則

コレクションの設定にある、メンバーシップの規則により、コレクションに対してデバイスを追加します。

スケジュールに従って定期的にクエリを実行し、 コレクションのメンバーを動的に更新します。
これにより、 新規着任者などにデバイスを配布する際等、運用者が手動でコレクションに追加することなく、クエリ条件に基づき、自動的にコレクションに参加させることができます。

いくつかサンプルクエリを記載します。

 

サンプルクエリ①(OS判定型)

この例では、Windows 10 を稼働しているデバイスを追加します。

select SMS_R_System.NetbiosName, 

SMS_R_System.OperatingSystemNameandVersion from

SMS_R_System where

SMS_R_System.OperatingSystemNameandVersion like “%Workstation 10%”

 

サンプルクエリ②(ホスト名型)

この例では、cl で始まる ホスト名を持つすべてのデバイスを追加します。

select SMS_R_System.NetbiosName from
SMS_R_System where SMS_R_System.NetbiosName like “cl%”

 

ダイレクト規則

ホスト名を入力のうえ選択し、コレクションに追加するデバイスを選択します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
クエリ応用することで各社に最適なコレクションを設計することが可能になります。
今回の記事でコレクションの基本動作について覚えていただければ幸いです。

 

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください