WVDセッション制御の設定

こんにちはパーソルプロセス&テクノロジーの内田です。

WVDに限った話ではありませんが、リモートデスクトップ接続しているときのセッションの制御設定について確認していきます。

というのも、管理者からしてみればセッションの切断とログオフが異なることは当然ですが、エンドユーザーからしてみれば何のことかわからないものでしょう。
切断済みのセッションを解放することでCPU, Memoryの負荷を下げて、快適なリモートワーク環境を整えることは重要です。

次の表に一覧をまとめましたので、ご確認ください。

グループポリシーの場所:コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>リモートデスクトップ サービス>リモート デスクトップ セッションホスト>セッションの時間制限

ポリシー名説明
切断されたセッションの制限時間を設定する30分切断されたセッションが30分経過したらログオフさせます。
アクティブでアイドル状態になっているリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を設定する30分何も触らず30分経過したら切断させます。
アクティブなリモート デスクトップ サービス セッションの制限時間を設定する8時間セッションがアクティブであっても8時間経過したら切断させます。
制限時間に達したらセッションを終了する有効セッションの時間制限に到達したときに、切断するのではなくログオフさせます。
いいね (この記事が参考になった人の数:1)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください