FSLogixによるプロファイル保管先の冗長性を確保するための注意点は?

プロファイルの可用性を高めるためにBLOBに保管することが可能ですが、レプリケーションについては、GRSによる地理冗長とはせず、LRSで複数リージョンに配置しましょう。

GRSは地理冗長構成ですが、障害時に利用可能となるまでには一定の時間がかかり、このタイムラグの間、別のプロファイルで運用することになるため、運用上このましくありません。

FSLogixのGPO設定で最大4箇所まで同時に書き込めることとWVDという利用特性を考慮するとLRS複数リージョン構成が良いと考えます。

 

Fslogixの設定については技術Blogを参照ください。

Windows Virtual Desktop における FSLogix の基本的な設定

いいね (←参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください